知っておきたい知識

先生

知らないから起こる

ED治療薬の副作用に、生命に関わる症状が発症する可能性があると思う人は、少なくありません。しかしながら、その副作用はそもそも悪条件が重なった場合に起きたもので、通常の使用時には発生し得ないことは、ED治療薬を検討するなら知っておきたいです。そして、ED治療薬の正しい服用方法を知らないから問題が起こるということも、合わせて知っておきたいところです。そこを踏まえて考えると、ED治療薬を副作用の心配なく服用したいなら、医師に相談をして、指導を受けてから処方してもらうのが最も安心できる方法だということも浮き彫りになります。

併用してはいけない薬

ED治療薬の副作用として、血管拡張作用の影響で血の巡りが良くなり、血圧の変化が起こりえるという部分があります。この点は、健康な人が正しく服用している分には、なんの健康問題もうまない、安心して問題ない部分です。しかしながら、同時に服用している常用薬によっては、危険性のある症状につながるケースがあります。いわゆるED治療薬の禁忌薬の一例として挙げられるのは、狭心症治療に用いられるニトログリセリン系の医薬品です。この薬も血管拡張作用を持つため、ED治療薬と合わせて服用してしまうと、必要以上に血圧が下がって、生命に危険を及ぼすという問題があります。ED治療薬はれっきとした医薬品ですから、他の薬との飲み合わせがあるということを忘れてはいけません。単独ではなんの問題もない副作用ですが、安易に他の薬と併用すると問題につながることがあります。よって、すでに持病があるなど、薬を常用しているなら医師に相談するべきです。その時、日頃の常用薬を持ち込んで相談するのも大切です。そうすれば、副作用の心配なく、正しい指導のもとに、自分がED治療薬を使っても大丈夫か、というところまで教えてもらえます。安心して利用するためには、欠かせない段取りです。